【素人コラム】
 
(令和6年6月14日)

 公共の緊急車両には、パトカー、救急車、消防車の他、自衛隊の警務車両や化学防護車両、道路管理者のパトロール車両などが該当する。
 これらに対し“民間”にも緊急車両が存在しており、電力会社、ガス会社、水道会社などにある特定の車両が該当する。
 緊急の漏電・停電、ガス漏れ、水漏れ対策などに急行する関係で、緊急車両として公道でサイレンを使うコトが認められているノダ。

 他にもJR各社が緊急車両として使用できる社用車を保有しており、鉄道関連の保線やき電線の重大なトラブル、踏切内で事故が起きた際に急行できるようになっている。
 交通機関では道路管理車両の他、JAF(日本自動車協会)の車両などもある。
 なんとなく緊急車両の種類は、今後も増えそうな気がするナ。

 これら 緊急車両は公共&民間のどちらも「優先通行権」を持っている
 そのため、民間の緊急車両が赤色灯を点灯させ、サイレンを鳴らしている状態で近付いてきた時には、公共の緊急車両と同様、一般車両は道の端に自動車を寄せ、緊急車両を通す義務がある。
 進行を妨害した場合は「緊急車妨害等違反」として違反点数1点と、普通車の場合は反則金6000円が課せられるコトになるゾ。

 ところで、赤以外に黄色や青色の回転灯を装備した車両が見かけられるコトがある。
 黄色の回転灯は主に国土交通省やNEXCO各社で、道路維持&修繕や道路標示の設置などに用いる車両に使用される。
 青色は「青パト」と呼ばれる防犯用のパトカーに使用されており、警察と運輸支局などの許可を受けた団体が使用しているが、サイレンを鳴らし急行する緊急車両ではない。
 つい先日、赤灯とサイレン&スピーカーでコスプレ自家用車を乗り回し、逮捕された阿呆達がいたが、一般人に本物と偽物の見分けは難しいだろうなぁ〜。(^-^;)

 

※ 素人コラムのバックナンバーは【ここ】にあります。
 

【TOPに戻る】